概要

  • Flashデベロッパー向けPhotoshopスクリプト集です。
  • FlashデベロッパーがPSDファイルをつかってオーサリングする際に便利そうな機能を用意しました。
    • 特定レイヤー/レイヤーセットのみの表示
    • PSDファイルからのパーツの切り出し
    • PNG24形式での保存 など

更新

  • FlashPlayer?6用に変換.jsx(FlashPlayer?6用に、上下左右に1pxの隙間をあける)を修正(2009/8/18 追加)
  • 指定したレイヤーを切り出し.jsx(2009/6/12 追加)
  • 選択範囲を切り出し.jsx(2009/6/12 追加)
  • 指定したレイヤーセットを切り出し.jsx で、PNG24の書き出し時にPNG8になってしまうバグを修正(武田さん、ご指摘ありがとうございました。)
  • 他のツリーのレイヤーを削除.jsx を追加

取得

使用方法

  • Photoshopのスクリプトフォルダに入れ、[ファイル] - [スクリプト]より実行するか、[ファイル] - [スクリプト] - [参照]より開いてください。
    • Windows: C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CS3\プリセット\スクリプト\
    • MacOS X: /Applications/Adobe Photoshop CS3/プリセット/スクリプト/
  • キーボードショートカットを割り当てると、すばやく起動できます。

単機能スクリプト

  • 選択したレイヤーのみ表示.jsx
    • 選択したレイヤー/レイヤーセットのみを表示
    • レイヤーセットの中にサブレイヤーがある場合はすべて表示
  • 選択したレイヤー以外を非表示.jsx
    • 選択したレイヤー/レイヤーセット以外を非表示
    • レイヤーセットの中にサブレイヤーの表示状態を保持
  • 選択したレイヤーを切り出し.jsx
    • 選択したレイヤー/レイヤーセットの内容を切り出して、新規ファイルを作成
    • レイヤーセットの中にサブレイヤーの表示状態を保持
  • 選択範囲を切り出し.jsx(2009/6/12 追加)
    • 選択範囲の内容を結合した後に切り出して、新規ファイルを作成するスクリプトです。
    • Photoshopの『切り抜き』と異なり、ドキュメントを新規に作成します。また、切り出す範囲の上下左右がが透明だった場合は、透明範囲を消去して作成されます

マクロスクリプト

  • 指定したレイヤーセットを切り出し.jsx
    • 接頭語、接尾語、中間キーワードを指定し、条件にマッチしたレイヤーセットを切り出して、新規ファイルを作成
    • レイヤーセットの中にサブレイヤーがある場合はすべて表示
    • 条件のAND/ORを指定可能
    • オプションで、PNG、JPEGファイルへの書き出しが可能
    • 背景レイヤーは有効になるので、特定背景のPNG、JPEGの作成も可能
    • ファイルに書き出す場合、レイヤーセット名がファイル名になる(重複した場合は連番が付加)
    • 便利な使い方
      • レイヤーセット名に特定のキーワード(例:btn_、preview_、_up、_overなど)を追加しておくことで、効率的に切り出しが可能です。
  • 指定したレイヤーを切り出し.jsx(2009/6/12 追加)
    • 上記のスクリプトのレイヤー版です。

補助スクリプト

  • 全てのドキュメントを保存せずに閉じる.jsx
    • 上記の切り出しスクリプトなどで大量に開いたドキュメントを、保存せずに一気に閉じる
  • 他のツリーのレイヤーを削除.jsx
    • レイヤー数が多すぎて処理が重くなる場合に、トップレベルで関係の無いレイヤーを削除するスクリプト
    • PSDの切り分けにも使えます。

注意事項

  • 自己責任にてご利用ください。データのバックアップをとった上でのご利用をおすすめします。
  • JS及び、アクションを組み合わせることで、できるだけ高速化していますが、レイヤー数300以上のファイルに対して実行するとPhotoshopの動作が重くなりますのでご注意ください。
  • レイヤー数600以上のファイルに対して実行すると、Photoshop以外のアプリケーションにも影響を及ぼす恐れがありますので、くれぐれもご注意ください。
    • 3ヶ月ほど使用した経験上、レイヤー階層が浅ければ、レイヤー数が多くても大丈夫っぽいです。逆にレイヤー階層が深いと、当然ですがループが増えて重くなるようです。
  • 不具合などあった場合は、チケットなどに書き込んでいただけるとありがたいです。

補足

  • オーサリングの際にPSDからパーツ切り出すために、毎回[全選択]⇒[選択範囲を結合してコピー]⇒[新規作成]⇒[ペースト]⇒[Web用に保存]×パーツ分を繰り返すのが面倒になったのでスクリプト化しました。