AIRMigemo

What's This?

Source Code

How To Use

  • データベースのテーブルに辞書を突っ込んで、そこを参照する方式をとっています。
  • AIRMigemoDicMakerを使ってデータベースを作成します。
    var dicmaker : AIRMigemoDicMaker = new AIRMigemoDicMaker();
    dicmaker.open(new File(dstfile));
    dicmaker.append(new File(srcfile, charset));
    dicmaker.close();
    
    • てっとりばやくデータベースに辞書を突っ込みたいときはhttp://0xcc.net/migemo/#downloadのmigemo-X.XX.tar.gzのmigemo-dict (EUC-JP)を突っ込んでください。
  • AIRMigemoを使って正規表現を作成します。
    var migemo : AIRMigemo = new AIRMigemo();
    migemo.open(new File(dicfile));
    var result : String = migemo.complement(query);
    migemo.close();
    
    • openとcloseはSQLConnectionをopen, closeするだけなので、できるだけ使いまわしてください。

API

AIRMigemoDicMaker

// データベースをオープン
public function open(dstdb : File) : Boolean

// データベースをクローズ
public function close() : void

/**
 * データベースにテキスト辞書を追加。
 * 形式は各行"key\tvalue"
 * valueにはkeyに対応する複数の単語を入れることができる。(タブ区切り)
 * 非同期ではないのでMB単位のサイズを投げると数十秒固まる。
 * @return	メッセージ
 */
public function append(srcfile : File, charset : String = CHARCODE_DEFAULT) : String

AIRMigemo

// データベースをオープン
public function open(dicdb : File) : Boolean

// データベースをクローズ
public function close() : void

// 正規表現を作成
public function complement(query : String) : String

// queryを補完したVector.<String>を返す
public function enumerate(query : String) : Vector.<String>